会社紹介

  • HOME »
  • 会社紹介

image

 盛岡と共に南部鉄器の故郷と言われている、奥州市水沢区羽田町は、鋳物関連会社が約70社と多く、まさに「鋳物の街」です。
 その地で、大正5年より操業を開始。永年受け継いできた技術をもとに、お客様のニーズにお応えすべく、常に研究開発に力を入れています。
 近隣には「奥州市鋳物技術交流センター」があり、実験設備や分析機器なども利用することができます。
 この恵まれた環境の中で、機械部品はもちろん、伝統工芸品においても、必ずお客様に満足していただける製品を社員一丸となり生産しております。

ごあいさつ

image12 当社は今年で創業100年目を迎えております。
 伝統工芸品の南部鉄器から産業機械用鋳鉄部品まで幅広く生産できる強みを代々継承し、長い年月をかけて培われた優れた鋳物の伝統技術を先進技術に生かして高精度な製品を作り続けております。
 また、歴史と経験による技術力を活かし、新技術の研究開発、若手育成に力を入れ、考える力、挑戦する力を大切にしております。
 今後とも会社、社員一丸となり継続的に成長し続けたいと思っておりますので、これからも皆様のご支援ご愛顧をたわまりますようお願い申し上げます。

企業理念

 

image13

 

会社概要

会社名 株式会社及精鋳造所
住所 〒023-0132
岩手県奥州市水沢区羽田町字明正147
TEL 0197-24-7263
FAX 0197-24-7264
Email info@oisei.co.jp
代表取締役会長 及川 敬
代表取締役社長 及川 敬一
工場長 千葉 孝彦
創業年月日 大正5年4月1日
資本金 3,000万円
従業員数 50人(平成28年4月1日現在)

沿革

天和3 1683 羽田地区で鋳物づくりを始める
大正5 1916 及川精四朗、精三、七郎兄弟協力して鋳物工場復興
昭和28 1953 法人化。社長、及川精四朗。
昭和40 1965 経営合理化の優良工場として中小企業長官表彰受章。
昭和42 1967 砂処理及び連続造型運搬装置、2tキュポラ2基、F-1造型機12台を導入。
昭和44 1969 シェルモールド中子工場増築、研磨工場増築。
昭和48 1973 FMM2B型自動造型ライン、2t低周波誘導電気炉、1.5t保持炉導入。
昭和57 1982 水平無枠式SMS5045型自動造型ライン導入。
昭和63 1988 縦割式自動造型機DISA2110導入
平成元 1989 代表取締役に及川敬就任。
平成17 2005 混練機を大洋マシナリー製キングミルKM30型に更新。1バッチ900kgから1500kgに増強。
平成18 2006 水平無枠式自動造型機をSMS5045型Rに更新。
平成19 2007 高周波誘導電気炉新設。1チャージ500kg/40分。
平成20 2008 水冷式キュポラ2基更新。
平成23 2011 縦割式自動造型機をDISA2110MK3型に更新。1枠/11.5秒。
平成24 2012 自動研磨機バリンダーFを導入。シェークアウトマシン更新。
平成26 2014 材料ヤード、機械工場を新築。
平成27 2015 代表取締役に及川敬一就任。法人化60周年記念式典挙行。
3DCAD、CAM、切削加工機MDX-540の導入によりパターンの自社生産が可能になる。
平成28 2016

NC旋盤LB4000EXⅡの導入。高周波誘導電気炉の炉体更新。
現場改善事例「5源主義を用いた生型ラインでの鋳鉄製センサー台のすくわれ不良低減対策(源流改善)」が堀江賞、網谷賞を受賞。
現場改善事例「5源主義を用いた生型ラインでのFCD製ブロックの煮え不良低減対策」が堀江賞を受賞。

平成29 2017

ブローチ盤TK-150A-DXを導入。ブローチ盤が2台に。
DISA建屋改修。
災害、停電時のための非常用発電機をAP65C-15N(50kVA)に更新。

お気軽にお問い合わせください TEL 0197-24-7263 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ
南部鉄器

株式会社 及精鋳造所
〒023-0132
岩手県奥州市水沢区羽田町
字明正147
TEL 0197-24-7263
FAX 0197-24-7264

PAGETOP
Copyright © 株式会社及精鋳造所 All Rights Reserved.